Return to site

授業実践にあたっての留意点と考え方

実際の選挙や市政の話題を対象に実践授業を実践する際によくお問合せを受ける事項についてご紹介します。

· 主権者教育,シティズンシップ,18歳選挙権

資料の取扱いについて

私たちが拓く日本の未来(活用のための指導資料)」(総務省、文部科学省)には、選挙運動期間中の具体的な政治的事象に関する情報の取り扱いについて、以下の記載があります。

・また,新聞社等が作成する各党の政策が記載された選挙関連のサイト(いわゆる「まとめサイト」)は,一般的には選挙運動のために使用する文書図画には当たらないと考えられる。そのため,教員が生徒に対し,そのようなまとめサイトを印刷し,配布することは直ちに規制されるものではないことから,このような取扱いをすることも考えられる。
(P.49より引用)

同資料にもあるように、選挙にあわせて実施する模擬選挙は、具体的・実践的な政治的教養を育むことができるなど、生徒たちにとって多くの学びを得る機会となります。
ただし、選挙運動期間における実践では、公職選挙法で定められた制限に抵触しないように実施する必要があります。

当団体では、主権者教育の授業等で安心してご活用いただけるように、政治的中立性や公職選挙法の規定に細心の注意を払い、各種情報の作成、発信を行ってまいります。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly